当社処理対応可能な主なメッキの一覧

 
亜鉛メッキ
クロメート処理
耐食性が高く自己防錆作用
現在一番一般的な鉄のメッキ
ただし6価クロムの問題で
廃止の方向の加工方法
亜鉛メッキ
ユニクロメッキ
青白い色・クロメートに比べて
水に溶けにくいため水の近くや
屋外に適する、こちらも廃止の方向
亜鉛メッキ
黒クロメート
クロメートの黒色処理で装飾
目的の使用が多い、こちらも
廃止のい運命となります。
亜鉛メッキ
緑色クロメート
クロメートより膜厚が厚く耐食性
に優れる濃い緑色のメッキ
(ただし6価クロムが含有が高い)
亜鉛メッキ
3価クロメート
水に溶けにくくより自然界で
より安全性の高い3価クロム
徐々に耐食性も改善されています。
ニッケルメッキ
やや黄色みを帯びた銀色の
装飾用メッキでクロメートに
比べて耐食性は落ちますが
こちらも環境対応品になります。
カニゼンメッキ
(無電解ニッケル)
電気を使用しないで膜厚を
均一に出来るメッキ

(カニゼンは日本カニゼンさんの製品名)
スズメッキ 電気部品用メッキが中心
毒性が低い圧着端子等に用いる
ハンダメッキ スズに鉛を加えてよりハンダ
等の性能を上げたもの
(ただし鉛の問題で減少傾向)

特   色

都心の利便な立地にありながら 亜鉛・ニッケルメッキは
最大2mまでの引っかけメッキが可能です。

また、これまでのネットワークを生かして上記以外のメッキ
にも対応させていただきます
(クロームメッキ バフ磨き仕上げ等)